取扱商品

生命保険は、事故、災害、病気などによるケガや死亡で
一定の収入が得られなくなった場合、その経済的な損失を、
多数の加入者が小額のお金をだしあうことで保障するものです。
また、子供の進学や老後の生活に対するそなえとしての役割もあります。
生命保険は、定期保険、終身保険、養老保険という3つの基本形にわけられ、
これらを組みあわせて運用していくのが一般的になっています。

生命保険の種類

定期保険終身保険 がん保険医療保険

定期保険

一定の期間内のみ保障する保険です。ほとんどの場合が
掛け捨てタイプのため、割安な保険料で大きな保障を確保できます。
保障が必要な期間が限られている、もしものときに必要となる資金が
高額であるなどの方に適しています。

終身保険

一生涯、保障が継続する保険です。保険料は割高ですが、
どの時点でも保険金が支払われる、定期保険にくらべて保険金が高額である、
解約返戻金が確保され貯蓄性が高いなどのメリットがあります。
また、相続税や葬儀費用などの支出にも有効に活用できます。

がん保険

がん<悪性新生物>・上皮内新生物の治療にそなえるための保険です。
保障内容は、診断給付金に加え、入院や通院、三大治療(手術・放射線・抗がん剤)などで構成されて、
医療・介護保険と異なり、入院給付金は支払回数に制限がないことが特徴です。
(診断一時金、通院給付金は制限あり)

医療保険

普通の病気やケガ(交通事故含む)で入院したり、
所定の手術を受けた場合などに給付金を受けとる保険です。
保障内容は主に入院給付金と手術給付金で構成されています。
入院給付金支払回数に制限がありますが、大別すると60日型、120日型があります。


ページ最上部へ